トランプ氏、盟友の裁判に「介入」 求刑「不公平」とツイート

米ワシントンの連邦地裁に到着したロジャー・ストーン被告=2019年11月(AP)

米ワシントンの連邦地裁に到着したロジャー・ストーン被告=2019年11月(AP)

 【ワシントン=住井亨介】トランプ米大統領が盟友の裁判の量刑に“口出し”し、「権力の乱用」だとして野党・民主党が反発を強めている。裁判を担当した検事が抗議して辞職するなど、司法介入の疑いも浮上しかねない異例の事態となっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ