漁船の一部 尖閣向かう? 中国側は規制で摩擦回避か

16日、中国福建省石獅の祥芝港で、出漁を祝う爆竹を鳴らしながら港を出る漁船(西見由章撮影)

16日、中国福建省石獅の祥芝港で、出漁を祝う爆竹を鳴らしながら港を出る漁船(西見由章撮影)

 【北京=西見由章】中国政府が尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖の東シナ海に設定していた休漁期間が日本時間16日午後1時に明けた。中国福建省最大の漁港、祥芝(しょうし)港では同日朝、停泊していた漁船約550隻が一斉に港を出た。漁船の多くは台湾海峡付近で操業する見通しだが、一部は尖閣沖に向かったとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ