関西の議論

「早起きが苦痛」塾通い・スマホで乱れる子供の体内時計 最悪のケースは不登校

 睡眠障害に伴う体調不良で、授業中の居眠りなど日常生活に支障が生じている子供が増えている。「怠け者」と周囲から誤解され、授業にもついていけず、最悪のケースだと不登校になる。兵庫県内の専門医療機関には、全国から睡眠に悩む子供たちが訪れる。塾通いやスマートフォンの長時間利用などで夜型生活に変化し、昼夜のサイクルと体内時計のリズムが合わなくなって体調不良を訴えるケースが多いようだ。教育現場では仮眠の時間を設けるなど、生活習慣を改善する「睡眠教育」の取り組みも進められている。(坂田弘幸)[続きを読む]

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ