スゴ技ニッポン

ごみや産廃が化学製品の主原料「エタノール」に変身!?

 積水化学工業は、都市ごみや産業廃棄物を化学製品の主原料の一つであるエタノールに変える技術を開発した。2000度の高温によって丸ごと溶かすことでガス化し、微生物により熱・圧力を用いることなくエタノールに変換する仕組みで、循環型のリサイクルシステムを構築できる点が売り物だ。現在はオリックス資源循環の寄居工場(埼玉県寄居町)で実証を繰り返しており、平成31年の本格稼働を目指す。R&Dセンターの岩佐航一郎・BR事業化推進グループ長は「技術屋として後世に残す仕事ができた」と話す。[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ