政界徒然草

総裁選で溝、沖縄県知事選敗北… 難局続きの自民党竹下派、竹下亘会長の手腕が今度こそ試される

 名門復活を目指す自民党第3派閥の竹下派(平成研究会、55人)に難局が続いている。自主投票となった9月の総裁選では、石破茂元幹事長(61)を支持したい竹下亘会長(71)と安倍晋三首相(64)を支持する他の幹部の間に溝が生じた。威信回復をかけ、派を挙げて臨んだ沖縄県知事選でも与党系候補が敗北。無役になった竹下氏は派閥の立て直しに邁進(まいしん)する構えだが、いばらの道が続く。[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ