津波

原発被災、耐震強化の契機 津波対策は後手、原発事故防げず 新潟県中越沖地震10年

 15人が犠牲になった新潟県中越沖地震から16日で10年となった。東京電力柏崎刈羽原発は設計時の想定を上回る揺れに見舞われ、全7基のうち稼働していた4基で原子炉は自動停止したが、3号機外部の変圧器で火災が発生し、衝撃的な映像として国内外で報道された。国は全国の原発に地震想定見直しなどを急ぐよう指示したが、津波対策は後回しとなり、平成23年の東日本大震災による福島第1原発事故は防げなかった。[続きを読む]

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ