津波

被災旧庁舎跡は空き地のままに 津波避難時は車の乗り捨て場へ 岩手・大槌

 東日本大震災で当時の町長ら40人が犠牲となった旧役場庁舎を解体する方針の岩手県大槌町は16日、跡地に慰霊碑などは整備せず、空き地のままにすると明らかにした。津波などの緊急避難時は車を乗り捨てられる場とし、近隣でイベントがある場合は臨時駐車場として活用する。[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ