iPS細胞

iPS細胞で肝臓形成の仕組み解明 横浜市大、再生医療用の立体臓器の品質向上へ

 人の肝臓が形成される詳しい仕組みを横浜市立大の研究チームが人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って解明した。細胞同士がシグナルをやり取りすることで必要な遺伝子が働き、肝臓ができる。再生医療に使う移植用の立体臓器の高品質化につながる成果という。英科学誌ネイチャー電子版に15日、論文が掲載された。[続きを読む]

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧