iPS細胞

京大iPS研で論文不正 脳の構造体作製、図データ捏造 山中所長が謝罪

 京都大は22日、京大iPS細胞研究所の山水康平特定拠点助教の論文に捏造(ねつぞう)と改竄(かいざん)があったと発表した。人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って脳の構造体を作ったとの内容で、主要な図6点全てに不正があったと認定した。同研究所の山中伸弥所長は京大で記者会見し「非常に強い後悔、反省をしている。心よりおわび申し上げる」と謝罪。所長を辞職するか報道陣に聞かれ、「その可能性も含め、どういう形が一番良いのか、しっかり検討したい」と話した。[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ