iPS細胞

世界初、iPS細胞で創薬 京大、骨難病で近く治験へ

 京都大の研究グループが人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使い、筋肉の中に骨ができる難病「進行性骨化性線維異形成症(FOP)」の進行を抑える効果のある治療薬の候補を見つけ、近く治験(臨床試験)を始めることが1日、京大への取材で分かった。iPS細胞を使って開発した薬の治験が行われるのは世界初という。[続きを読む]

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ