iPS細胞

iPSで網膜色素変性症治療 神戸の病院、厚労省に計画申請

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から目の網膜のもとになる細胞を作り、「網膜色素変性症」という難病の患者に移植して治療する臨床研究を計画している神戸市立神戸アイセンター病院が、計画の実施を厚生労働省に申請したことが13日、分かった。承認されれば初夏にも最初の移植手術の実施を目指す。[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ