どうなる東芝 巨額赤字

東芝、迫る上場廃止 半導体子会社売却は八方ふさがり 危機回避の“ウルトラC”浮上!?

 東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の売却をめぐり、優先交渉先である産業革新機構を中心とする「日米韓連合」との交渉が難航し、目標とする来年3月までの売却完了が間に合わなくなる可能性が出てきた。他陣営とも並行して交渉するが、現実味はなく、八方ふさがりの状況だ。こうした中、東芝メモリの新規株式公開(IPO)によって毀損(きそん)した財務を改善するのではないかとの観測も浮上している。[続きを読む]

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ