森友学園事件

籠池被告、証人尋問も注目 国有地売却、文書改竄言及あるか

  国や大阪府・市の補助金をだまし取ったなどとして詐欺と詐欺未遂罪に問われた学校法人「森友学園」前理事長、籠池(かごいけ)泰典被告(66)と妻の諄子(じゅんこ)被告(62)の初公判が6日、大阪地裁(野口卓志裁判長)で開かれ、両被告は詐欺罪の成立を否定した。いわゆる「森友問題」は国有地の大幅値引き売却や財務省の文書改(かい)竄(ざん)などに飛び火した。今後行われる被告人質問や証人尋問でどのように言及されるかも関心が集まる。[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ