日本人横綱 稀勢の里

稀勢休場…場所後は行動自制も異例の6月土俵入り/夏場所

 大相撲夏場所11日目(24日、両国国技館、観衆=1万816)横綱稀勢の里(30)は、「左大胸筋損傷、左上腕二頭筋損傷で約1カ月の通院加療を要する」との診断書を日本相撲協会へ提出して休場した。稀勢の里の休場は大関時代の平成26年初場所千秋楽以来、2度目。横綱日馬富士(33)が小結御嶽海(24)に寄り切られて初黒星。大関豪栄道(31)を上手ひねりで下した横綱白鵬(32)が全勝で単独首位。大関とりの関脇高安(27)は平幕栃煌山(30)をはたき込み、9勝目を挙げた。[続きを読む]

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧