VR(バーチャルリアリティ)

水害を疑似体験 VR映像を公開 茨城・常総市

 茨城県常総市は、平成27年9月の東日本豪雨で鬼怒川堤防が決壊し、復旧するまでを描いたバーチャルリアリティー(仮想現実、VR)の映像を12日から公開する。国土交通省下館河川事務所(同県筑西(ちくせい)市)が制作し、常総市に提供した。水害の切迫感を疑似体験してもらい、防災意識の向上につなげる狙いがある。[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ