SUBARU(スバル)

北米80万台販売に意欲 吉永泰之・スバル社長、2020年度 中国市場の参入は慎重

 SUBARU(スバル)の吉永泰之社長(63)は共同通信のインタビューに応じ、2020年度の北米市場での自動車販売台数を16年度比で約1割増の80万台に拡大する計画の実現に意欲を示した。これまで売り上げが順調に増えており、来年発売する新型スポーツタイプ多目的車(SUV)「アセント」などを軸に達成したい考えだ。[続きを読む]

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧