SUBARU(スバル)

日産・スバル、検査不正が業績に影

 平成29年4~12月期連結決算で自動車大手の好業績が目立つ中、新車の無資格検査問題を起こした日産自動車とSUBARU(スバル)は営業利益を減らした。日産は、この問題が30年3月期に900億円の減益要因となる。スバルは29年4~12月期に250億円を関連費用として計上したほか、8日には再点検が必要な約2万7千台の追加リコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。両社の減益は米国で販売関連経費が増えた影響が大きい。減益は検査不正のせいだけではないが、業績に微妙な影を落としている。[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ