豊田真由子議員 暴言・暴行問題

豊田真由子議員を埼玉県警が事情聴取 被害届の一部を否定

 自民党を離党した豊田真由子衆院議員(埼玉4区)から暴言や暴行を受けたとして、元政策秘書の男性が埼玉県警に被害届を出していた問題で、県警が豊田氏を事情聴取していたことが11日、豊田氏側の関係者の話で分かった。県警は7月、被害届を受理し、傷害などの疑いで捜査を始めていた。豊田氏は被害届の内容の一部について「事実と違う」と指摘しているという。[続きを読む]

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ