東京でも確認 “殺人アリ”「ヒアリ」

年100人死亡、根拠なし 米国ヒアリ被害の記述削除 環境省

 南米原産の強毒アリ「ヒアリ」による被害について、環境省は19日までに、「米国では年間100人の死亡例がある」としていた同省のホームページの記述を削除した。専門家の指摘を受け、データを裏付ける明確な根拠がないと判断した。海外での死亡例はあるという。[続きを読む]

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧