希望の党

石破茂元幹事長、自衛隊明記の安倍首相案は「緊要性ない」と批判

 9月の自民党総裁選への出馬を正式に表明している石破茂元幹事長は17日、憲法改正をテーマに国会内で記者会見し、安倍晋三首相(総裁)が現行9条を維持したまま自衛隊を明記する憲法改正案を秋の臨時国会に提出する意向を示したことに対し「緊要性があると考えていない」と述べ、改めて首相を批判した。総裁選で憲法改正のあり方も争点にする考えだ。[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ