座間市の複数遺体事件

「死にたい」つぶやき救う体制進む 座間9遺体事件

 神奈川県座間市のアパートで昨年10月、男女9人の遺体が見つかった事件では、ツイッターなどの会員制交流サイト(SNS)で悩みを打ち明けた若者が標的となった。政府当局は「死」を訴える若者向けに、SNSを利用した相談体制の充実を図ろうとしているが、財源や人材の確保が課題になっている。[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ