大阪女児誘拐

大阪女児保護から1週間 矛盾する供述と行動、男の動機は…

 大阪市住吉区の小学6年の女児(12)が誘拐された事件は、女児が栃木県小山(おやま)市で保護され、同市の自称派遣社員、伊藤仁士(ひとし)容疑者(35)=未成年者誘拐と監禁容疑で送検=が逮捕されてから30日で1週間。伊藤容疑者は容疑を否認しているとされるが、監禁状況との矛盾点もみられ、大阪府警は詳しい経緯や動機を調べている。2人の接点は会員制交流サイト(SNS)のツイッター。容疑者がツイッター上で誘拐する相手を物色していたとの見方も出ており、専門家は警鐘を鳴らしている。[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ