参院選2019

立憲民主が参院選公約を発表

 立憲民主党は24日、夏の参院選の公約「立憲ビジョン2019」を発表した。95歳まで生きるには夫婦で2千万円の蓄えが必要とした金融庁金融審議会報告書の問題を念頭に、年金の最低保障機能の強化や、世帯年収に応じて医療費などの上限を決める「総合合算制度」の導入を盛り込んだ。「女性・女系皇族への皇位継承資格拡大」や「女性宮家の創設」にも言及した。アベノミクスへの対抗策として家計所得を重視する経済政策を掲げた。柱は最低賃金1300円への引き上げで、中小企業への財政支援などで5年以内の実現を目標に掲げた。[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ