地面師事件

地主役の女に懲役4年 地面師事件、初の判決

 積水ハウスが架空の取引で地面師グループに土地購入代金をだまし取られた事件で、詐欺などの罪に問われた地主役の羽毛田(はけた)正美被告(64)に、東京地裁(石田寿一裁判長)は17日、懲役4年(求刑懲役7年)の判決を言い渡した。事件では主犯格とされるカミンスカス操(みさお)被告(59)ら10人が起訴されているが、判決は初めて。[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ