キヤノンが新型ミラーレスカメラの開発発表 新機能「視線入力」にカメラユーザーが沸騰

 カメラやビデオなどの映像機器などを手がける大手精密機器メーカーのキヤノンは14日、ミラーレスカメラ「EOS R3」の開発を発表した。ネットでは同機種に搭載される「視線入力」機能に注目が集まり、発表直後から「視線入力」がツイッタートレンド上位に入って盛り上がりを見せている。

 同機種は、同社フラッグシップの一眼レフカメラ「EOS 1」シリーズと、ミラーレスカメラの最上位機種「EOS R5」シリーズに加えられる、新しいラインのカメラという位置づけ。高速・高感度・高信頼性を目指し、静止画、動画ともに高速な動体撮影に優れたカメラとしている。ネットユーザーの注目を集めている「視線入力」は、静止画撮影時の機能で、ファインダーを覗いた瞳の動きを検知し、見ている位置にAF(オートフォーカス)ポイントが移動するもの。ボディー背面のコントローラーを指で操作するよりも素早く、ピントを合わせたい場所を指定できる。被写体を素早く切り替える際にも有効だという。

 1992年に発売された銀塩フィルムを使う同社の一眼レフカメラ「EOS 5 QD」に世界で初めて搭載され、当時大きな話題になった画期的な機能で、フィルム時代の同社のカメラを知るユーザーからは、「視線入力AF 久々の登場」「マジかよ 時代を先取りしすぎた技術が帰ってきた」など、懐かしむ声が寄せられた。競合他社にはない独自機能であるため、「やばい機能来た」と戦慄するネット民も。「これが搭載されたならスポーツ撮影の強力な武器に!」「先頭車を目で見つめながらシャッター切るだけで全コマピントが合うなんて、良いですね」など、スポーツや鉄道などを撮影するユーザーからも歓迎の声があがっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ