ソニーの新型スマホ カメラ機能に「実質4眼」とソニー党熱視線 もはやスマホというより映像機器?

 ソニーが4月中旬に発表した新型スマートフォンの「Xperia 1 Ⅲ」のハイエンドなスペックが注目されている。特に、凝った構造を持つカメラ機能は、ガジェット好きネット民の間で「めちゃ気になる」ポイントのようだ。

 同商品は、Xperiaシリーズの旗艦モデル「Xperia 1」の3代目。カメラは3眼構成になっており、超広角レンズ、広角レンズに加え、オートフォーカスの世界初可変式望遠レンズを搭載。画面は6.5インチの有機ELパネルで、解像度は4K(3840×1644ドット)。リフレッシュレートは120Hz(画面表示が1秒間に120回更新される。標準的なスマホは60回)で、映像の動きが速いゲームでも快適にプレーできるという。5Gはミリ波、Sub6のいずれかに対応した2つの仕様から選択できる。すでに、KDDI、沖縄セルラー、NTTドコモが事前予約の受け付けを始めている。カラーは黒、グレー(ドコモ版のみ)、紫の3色展開で発売予定は6月中旬以降。価格は未定だ。

 ツイッターでは、発表と同時に“ソニー党”やXperiaユーザーが反応。「光学ズーム付きzeiss(レンズ)とこのサイズのディスプレイ、4500mAhバッテリーで重くない(190g以下)ってのがマジですごい」「やっとSONYらしい尖ったXperiaになってくれた」「本気出して来た」「ワクワクさせてくれるモノは良いですね」など、てんこ盛りのハイスペックを歓迎するコメントが多く寄せられ、すでに「予約した」というツイ民も複数見受けられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ