アサヒ「生ジョッキ缶」売れすぎて一時休売、6月再販へ ネット民呆然「まじかよ…毎日コンビニ確認してたのに」「見たとき買っといたらよかった」

 アサヒビールは21日、ふたを開けると泡が発生して“生ジョッキ感覚”が味わえる缶ビール「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」の需要が想定を上回ったため、販売を一時休止すると発表。20日に全国発売されたばかりの話題の新商品ということもあり、ネット民から「まじかよ…毎日コンビニ確認してたのに」などと多くの反応が寄せられている。

 同商品は、開栓するときめ細かい泡が自然に発生する特殊な缶を採用しており、自宅でも「飲食店で飲む樽生ビールのような味わい」を気軽に楽しみたいというニーズに応えた新商品。ネットなどで大きな注目を集める中、今月6日にコンビニエンスストアで先行販売したが、想定を超える販売量に生産が追いつかず、8日に出荷を一時停止していた。

 20日には当初の予定通り全国展開を開始したが、安定的な供給ができなくなったため、21日に「計画していた4月製造分を出荷次第、一時休売せざるを得なくなりました」と発表。今後については「6月中旬以降に数量限定で再発売する予定です」としている。

 この発表に世のビール党からは「まじかよ…毎日コンビニ確認してたのに」「すごい人気だな」「今あるのを大事に飲もう(笑)」「ファミマで見たとき買っといたらよかった」「こういうふうに飢餓感を煽られると一度は飲んでみたい衝動に駆られる」「そんな~。再開待ってます」などと、さまざまな書き込みが殺到。幸運にもゲットしたネット民からは「今夜、いつも行くスーパーで買えました。数量限定あり!お一人様1ケース、または24本迄でしたね」「昨日イオンで売ってたけど。1つ買ってみた」との報告が寄せられているが、やはり購入は困難なようで、「昨日の真っ昼間、コンビニへ駆け込んだのに全く売って無かった」と落胆する人が続出している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ