マック「ベーコンポテトパイ」再販 レギュラー化の要望根強く 90年代再現した長尺CMにアラフォーの涙腺崩壊

 ファストフード大手の日本マクドナルドは21日、スナックメニューの「ベーコンポテトパイ」を28日から期間限定で販売すると発表した。かつてはレギュラーメニューとして親しまれた同商品は、今もファンが多いようで、ネットには歓迎の声が相次いでいる。

 サクサクのパイの中に、ホクホクのポテト、スモーキーなベーコン、オニオンなどが入った人気のホットスナック。1990年に初登場しレギュラーメニューだった時期もあったが、近年では期間限定メニューとしてたびたび再販されている。価格は150円。

 今回は、同商品が初登場した90年代に若者の間で流行したポータブルオーディオプレイヤーやインスタントカメラ、ほっこりときめく漫画、トレンディなドラマなどをモチーフとした、ポップで少しノスタルジックなデザインの9種類の数量限定パッケージで提供される。

 同じコンセプトのもとに作られたテレビCMでは、マクドナルド店内でばったり出くわしたアラフォー男性2人が、思い出の味である「ベーコンポテトパイ」をきっかけに、高校時代を懐かしむという内容のドラマ仕立てとなっている。

 ツイッターには、「復活おめでとうございます」「マックで一番好きなやつきました」「これほんと美味しい大好き」など、固定ファンと見られるユーザーからの歓迎のコメントが相次いでいる。

 「これはいつも思う 期間限定なんて言わないでレギュラーにして」「もういい加減レギュラーに戻して欲しい…たまにはアップルパイの方を休んでもええんやで…」など、今度こそレギュラーメニューとして復活してほしいとの要望も根強く、期間限定ながら繰り返し再販されてきた人気ぶりがうかがえる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ