かつやのロースカツ・とん汁定食のご飯がカツ丼に かつ×かつの直球勝負に「調子を取り戻してきた」とファン歓喜

 とんかつ専門店「かつや」を展開しているかつやは6日、定食の白飯をカツ丼にした期間限定メニューを発表し、揚げ物好きのネットユーザーの注目を集めている。

 国内「かつや」で、12日から販売される「王道ロースカツ定食」「王道とん汁定食」は、「かつや一番人気」というカツ丼を「ロースカツ定食」と「とん汁定食」のご飯にした特別メニュー。価格はそれぞれ1133円(税別1030円)と、1089円(税別990円)だが、16日までの5日間はいずれも(税別価格に対して)150円引きで販売する。「王道とん汁定食」はテイクアウトも可能。ご飯大盛りには対応していない。

 同日、同社の公式ツイッターにも宣伝ツイートが投稿され、「ありそうでなかった」「トンカツでカツ丼を食べるのか。最高じゃないっすか!」など、とんかつにとんかつを重ねるという発想を面白がる揚げ物好きのかつやファンのリプライが多数寄せられている。

 糖質も脂質も多めの茶色い見た目に、「こんなに食えん」「見るだけで胃もたれする」「これはさすがにカオスwww」「かつやがカロリーの札束で殴ってくる…」と恐れをなすフォロワーも見られるが、「こんなのを待ってた」「わかってらっしゃる」「180km/hの剛速球をストライクゾーンド真ん中にぶっこんできたw」など、直球勝負の組み合わせが概ね好意的に受け入れられている様子。

 「これだよ、これ。チキンカツばかりで足が遠のいてたんだけど、これなら行く」との指摘があるとおり、同社では最近、チキンカツや鶏のから揚げなど鶏肉を使った新メニューが目立ち、主力であるはずのとんかつを前面に押し出したキャンペーンは2月の「ロースカツ&ヒレカツ祭り」以来。まさに王道に回帰した新メニューに、「カロリーって何!?って感じ素敵です」「かつやが調子を取り戻してきたようだな」と、かつやらしさを感じ安堵(ど)するユーザーも見受けられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ