Visaタッチ決済対応のスマートリング 「魔法で決済してるよう」「厨二的に萌え」とガジェット好きが熱視線

 リング型デバイスの製造・販売などを手がけるEVERINGが17日から先行予約受付を始めるクレジットカード「Visa」のタッチ決済対応のスマートリング「EVERING(エブリング)」がネットで注目を集めている。ツイッターでは、ガジェット好きユーザーが「魔法で決済してるように見えそうw」「厨二的にちょっと萌える」などと熱視線を送っている。

 エブリングは、Visaのタッチ決済に対応したキャッシュレス機能搭載のリング型ウェアラブルデバイス。対応店舗であれば、財布、クレジットカード、スマートフォンを取り出すことなく非接触で買い物ができ、新型コロナウイルス感染拡大で高まる非接触決済のニーズに対応する。従来のキャッシュレス決済のように、カードやデバイスを取り出したり、アプリを立ち上げたり、ロックを解除したりといった動作は不要で、スピーディーかつスムーズな決済体験が可能。

 リングがリーダーからの電波に反応する仕組みのため、充電も不要だ。また、義歯にも使用されるジルコニアセラミックを採用しており、低刺激、高耐久かつ5気圧の防水機能を実現。つけたままで手を洗えるため、リングを清潔に保てる(ただし、ハンドソープやアルコールでの洗浄は推奨していない)。管理はスマホアプリで行い、盗難・紛失の場合でもすぐに利用を止めることができる。今後は、公共交通、シェアリングエコノミー、鍵やチケットなどの機能追加を予定しているという。

 カラーはブラックのみで、サイズは17種類展開。価格は税込み1万9800円。17日12時から、3000個限定で先行予約受け付けを始める。同社の公式サイトで予約、購入手続き完了後、夏ごろをめどに商品が出荷される。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ