ガリガリ君、40周年記念の味は「うめ」 ネットでは「焼酎にぶっ込む」「梅酒と一緒に」の声も

 赤城乳業は18日、看板商品の氷菓「ガリガリ君」の新作となる「ガリガリ君うめ」を6月1日から全国で発売すると発表した。この商品は、ガリガリ君40周年企画として、昨年9月10日から10月15日の期間に公式ホームページで実施した「ガリガリ君の食べたい味募集」から生まれたもの。ファンの間で注目されていた企画とあって、SNSでもさまざまな反響を呼んだ。

 同企画の応募総数は4万9168票となり、「うめ」はフリーアンサー形式の募集で1367票を獲得。2位と2倍近くの差をつけて1位に輝き、商品化が決まった。うめ味アイスの中に、うめ味のかき氷が入ったアイスキャンディーで、うめ果汁と梅酢を使用し、梅干しのような風味を楽しめる商品となっている。希望小売価格は70円(税別)。

 1981年に発売を開始し、今年40周年を迎えたガリガリ君。同社はガリガリ君の40周年を記念し、ガリガリ君ダンス動画投稿キャンペーンや今までに発売してこなかった新フレーバーの開発など、さまざまな企画に挑戦していくとしている。

 一般募集で決まった新フレーバーは、ネットユーザーの関心を誘い、SNSには「おお 梅好きなオイラとしては嬉しい」「これは美味しそうな気がする」「期待大」「絶対に食べる」「これは当たり」などの書き込みが相次いだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ