ヤクルトがアイスに!消費者の要望から誕生 凍らせて食べていた人も多数?

 ヤクルト本社は、ヤクルト初のアイスクリーム「アイス de ヤクルト」を東急ストア各店舗で6月1日から数量限定で発売する。同商品の発売に合わせて、東京・SHIBUYA109の「IMADA KITCHEN」では「ヤクルトのアイス屋さん」を期間限定でオープンさせる。多くの人にとってなじみのあるヤクルトだけに、初のアイスクリームに期待が高まっている。

 同商品は「スイーツ感の高いヤクルト風味のアイスを食べたい」といった消費者の要望を受けて開発。なめらかで濃厚ながら、後味はすっきりとしており「ヤクルト」の甘酸っぱい風味と生クリームのコクがマッチしたおいしさが楽しめるという。また、同社独自の「乳酸菌 シロタ株」とガラクトオリゴ糖が含まれている。内容量は110ミリリットルで、希望小売価格は200円(税別)。東急ストア店舗での限定販売で、数量限定のため、売り切れ次第終了となる。

 「ヤクルトのアイス屋さん」では、暑い夏にぴったりなメニューに加え、思わず写真を撮りたくなるかわいらしいビジュアルの商品を提供。ヤクルトソフトクリームをはじめ、提供する全てのオリジナルメニューには飲料の「ヤクルト」を使用している。こちらは6月1日から8月1日までの期間限定となる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ