アップルの音楽配信、追加料金なしで全楽曲無劣化音源に 競合サービス利用者も熱視線 意外にハードル高い?

 米IT大手のアップルが発表した音楽配信サービスの音質・機能強化策が、ネット配信で音楽を楽しむユーザーの間で話題になっている。

 同社は日本時間の17日、有料音楽配信サービスの「Apple Music」において、ロスレス(無劣化)オーディオや空間オーディオ(Spatial Audio)、ドルビーアトモスに対応することを発表。6月から追加料金なしで全利用者に向けて展開する。料金は個人プランが月額980円、ファミリープランが月額1480円と現状のまま据え置かれる。

 ロスレスオーディオには、7500万を超える配信中の全楽曲が順次対応。「アーティストがスタジオで制作した品質」で再生可能としており、サンプリングレートが44.1kHz/16bitのCD品質から最大48KHz/24bitまでで、iPhoneをはじめとする同社のデバイスでそのまま再生可能。また、より高音質を求めるユーザーに向けて、192kHz/24bitまでのハイレゾリューション(高解像度)ロスレスにも対応する。ハイレゾロスレスの再生には、USB DAC(デジタル-アナログ信号変換器)などが必要となる。

 ドルビーアトモス方式の空間オーディオは、すでに同社の動画配信サービス「Apple TV」などで先行して展開している臨場感あふれるオーディオ技術。アーティストは周囲のあらゆる方向や頭上から音が聞こえるように音楽をミキシングすることが可能になる。同社製のH1チップまたはW1チップを搭載したすべてのAirPodsとBeatsのヘッドフォン、および最新バージョンのiPhone、iPad、Macの内蔵スピーカーで、ドルビーアトモス対応の曲を自動的に再生できる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ