なぜ狙われる?セクシー女優やキャバ嬢、“必要悪”のヒモ男が増長するとトラブルに

 宅配業者を装った2人組に自宅マンションに押し入られ、現金600万円を奪われるという恐怖の体験をしたセクシー女優、里美ゆりあ(35)。事件がスピード解決したことは不幸中の幸いだが、セクシー女優やキャバクラ嬢が狙われる事件が、実は後を絶たない。彼女らが狙われるのはなぜか。

 里美の事件は、男らの逃走車両から足がつき、17~19歳の少年3人が強盗容疑などで逮捕された。里美と少年らには面識がなかったが、里美は少年らがプライベートな情報まで知っていたことを不審に思ったという。

 「稼ぎの良いセクシー女優やキャバ嬢を狙った同種の事件は少なくありません」と東京・六本木のキャバクラの元マネジャーは語る。里美はセクシー女優とは別にキャバクラでも働いていることを明かしている。

 「キャストの女の子が、嫉妬にかられて人気キャストの個人情報を漏らすケースもあります。キャバクラのボーイや送りのドライバー、プロダクションマネジャーが、自分の収入の10倍も100倍も稼ぐ女の子の個人情報を悪用することも少なくありません」と芸能プロダクションの元マネジャーは声を潜める。

 「公にはならなかったのですが、現金で給料をもらう売れっ子キャバ嬢が、給料日に強盗に入られたという事件がありました。交際していたホストが知人に情報を流して、ベッドの近くの棚に隠した給料をすべて奪われたそうです。今回の里美さんのケースも現金が自宅にあることを、犯人が知っていたようですね」と語るのは、東京・新宿歌舞伎町のキャバクラマネジャー。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ