ノンスタ石田、異変訴えていた左手に言及 相方・井上はコロナ陽性

 お笑いコンビ・NON STYLEの石田明が15日、自身のブログを更新。14日にブログで「体に異変がありまして」と左手の異常を訴えていたが、診断の結果を知らせた。

 14日のブログで「左手の人差し指に力が入らず、うまくパーができません」と記し、手を握る、開くを繰り返す動作を撮影した動画を投稿。そのうえで「そして今朝はパーは出来たものの、少しずつプルプルしながら閉じていく」と不安げにつづっていた。

 15日の「今のところ」と題したエントリーでは、相方の井上裕介が新型コロナウイルスに感染したためPCR検査を受けたといい「陰性でした」と報告。左手の異変についても「脳と血管に異常はありませんでした」と伝え、「濃厚接触者ということをお伝えしたうえで隔離して診療に応じてくれた医院に感謝してます」と礼を述べた。最後は「新ネタでも書いて過ごしますわー。ほいでは」と明るく結んだ。

 ブログのコメント欄には、読者から「脳と血管に異常無しとの事 ほっとしました」「手の方、一先ず、良かったですね」「原因は気になりますが脳や血管異常なしでホッとしました!」といったメッセージが届いている。PCR検査の結果についても「今のところ大丈夫そうで安心しました」「相方さんのニュース聞いて心配してました。とりあえず陰性で、よかったです」などと安堵(あんど)の声が広がった。

 一方、井上も15日にブログを更新し「14日にコロナ判定の陽性認定を受けました」と報告。症状については「今のところ高熱もなく、咳もそんなに出ていない状況で若干身体が風邪の時のような筋肉痛を感じると言った感じ」と説明しつつ、「油断はせずに保健所の指示を受けながら、安静に過ごしたいと思います」と気を引き締めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ