NHK「SONGS」で乃木坂46・生田絵梨花、郷ひろみ、斉藤由貴、JUJU、NOKKOが筒美京平さんの名曲熱唱

 クオリティーの高いサウンドと映像でJ-POPの名曲を紹介するNHK総合の音楽番組「SONGS」(毎週木曜・午後10時半~)。その22日放送分で、昨年10月に亡くなった偉大な作曲家、筒美京平さんが特集され、郷ひろみや斉藤由貴、NOKKOといった豪華な面々が、筒美さんが作り上げた名曲を熱唱する。

 昭和から平成にかけて約2800曲のメロディーを作り上げ、作曲家としてのシングル総売り上げが7560万枚を超え、歴代1位を記録している筒美さん。3月には、新旧豪華アーティストたちによるトリビュートアルバムがリリースされ、楽曲のクオリティーの高さがあらためて大きな話題になった。

 この日の放送には、1972年のデビュー以来、筒美さんの曲を100曲以上歌ってきた郷が「よろしく哀愁」(74年)などを含む筒美作品ヒットメドレーを歌唱。トリビュートアルバムに参加したJUJUは、稲垣潤一の「ドラマティック・レイン」(82年)を歌い上げる。

 さらに、斉藤のデビュー曲「卒業」(85年)を、斉藤本人と、トリビュートアルバムでこの曲をカバーした乃木坂46の生田絵梨花がデュエット。このトリビュートアルバムを手がけた音楽プロデューサーの武部聡志氏は、自身の原点となったこの「卒業」の誕生秘話について語る。NOKKOは筒美さんの後期のヒット曲となった「人魚」(94年)を歌う。91年のレベッカ解散後、米・ニューヨークへ留学し、ソロ活動を続けていた彼女が、「人魚」をめぐる知られざる物語を明かす。

 筒美さんと共に数多くの楽曲を世に送り出してきた音楽プロデューサーの酒井政利さんや、作詞家の秋元康さんによる貴重な証言をもとに、謎に包まれてきたその創作の舞台裏に迫るコーナーもある。生前、メディアにほとんど登場せず、“職業作家”として作曲に挑み続けた筒美さん。これまでの番組にはなかった新たなアプローチで「作曲家・筒美京平」の世界に迫る。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ