朝ドラおちょやん、突然の栗子登場に視聴者も大混乱 あさイチ鈴木アナ「ついていけない…」

 NHK連続テレビ小説「おちょやん」の第101話が26日、放送され、その衝撃的な展開にネットユーザーたちが大混乱。SNSに「ど、どういこと?」「理解が追いつかない…」などのコメントが相次ぐ事態となった。

 喜劇俳優で劇作家でもある2代目渋谷天外さんの元妻で、松竹新喜劇の女優だった浪花千栄子さんの半生をモデルに、大正から戦後の激動の時代に女優の道をいちずに歩んだ女性の姿をフィクションとして描く同作。主人公の竹井千代役を女優の杉咲花が演じている。

 ドラマはこの日から第21週「竹井千代と申します」がスタート。千代が天海一平(成田凌)と離縁し、大阪・道頓堀から姿を消して、1年が過ぎた。「鶴亀新喜劇」の人たちは誰も千代の行方を知らず、一平と座員の朝日奈灯子(小西はる)の間には、男の子が誕生。新しい生活が始まっていたが、劇団の色恋沙汰が世間の目に触れ、新喜劇も今一つ波に乗れない状態が続いていた。

 そのころ、NHK大阪放送局では「お父さんはお人好し」というラジオドラマの企画が進み、脚本家の長澤誠(生瀬勝久)は、映画やラジオドラマなどで大活躍する有名女優、箕輪悦子(天海祐希)にお母さん役をやってもらいたいと考えていた。一方、劇中でお父さん役を演じる漫才師の花車当郎(塚地武雅)は、その相手役に千代を指名。同局のスタッフが聞き込みを進めると、「千代は京都にいて、親子で暮らしている」という情報が入ってきた。

 その後、画面は現在の千代のシーンに移るのだが、千代は、幼い女の子と一緒に暮らしているようだった。その女の子は水野春子という名前で、演じているのは、なんと、千代の幼少期を熱演した子役の毎田暖乃。さらに、視聴者を驚かせたのは、千代が、実父、テルヲ(トータス松本)の後妻、栗子(宮澤エマ)と一緒にいた点だった。昔のように三味線を引く栗子に千代は「ほな、栗子さん、行ってきます」とあいさつ。栗子も「行っといで。気いつけてな」と優しく語り掛けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ