ジャニーズWEST、藤井フミヤ&尚之と「夢のコラボ」 往年のチェッカーズファン巻き込み「親子揃って見ます」と幅広い世代が歓喜

 28日朝のヤフーリアルタイム検索トレンドにミュージシャンで、元チェッカーズのリードボーカル「藤井フミヤ」がランクインした。5月8日放送のフジテレビ系音楽番組「SHIONOGI MUSIC FAIR」(後6・0)で、藤井が弟のサックスプレーヤー、尚之とともにジャニーズWESTと共演することが同局系の朝の情報番組で伝えられ、幅広い世代のファンから注目が集まったものと見られる。

 8日の放送で、藤井兄弟は1983年発売のチェッカーズのデビュー曲「ギザギザハートの子守唄」、そして86年に公開されたチェッカーズ主演映画の主題歌だった「Song for U.S.A.」を、ジャニーズWESTとのスペシャルコラボで披露する。フミヤが「Song for U.S.A.」を同局の番組内で歌うのは29年ぶりとなる。

 ツイッターでは、「大御所との夢のコラボ」「最高」「号泣案件」「神回です」など、チェッカーズとジャニーズWEST両方のファンが共演を喜んでいる。

 チェッカーズをリアルタイムで追いかけていたユーザーからは、「TVデビュー頃からファンで透明の下敷きに挟んで学校持って行ってたなぁ~レコードのLP(アルバム)を何回も聴いてた」「懐かし~映画観にいったな。…歳がバレる」など、当時の思い出を振り返る書き込みも散見された。

 選曲については、「どストライク世代にはたまらん選曲」「USAは正解」などと支持する声が目立つが、「番組が許してくれるなら(ONE NIGHT)GIGOLOやって欲しかった」との要望もあった。「Song for U.S.A.」の原曲を知らなかったという若い世代のジャニーズWESTファンからは、「原曲聴いてきたけど今の時代にないタイプの名曲やった」と、35年前に作られた曲の素晴らしさに驚く反響も。

 「学生の頃の推しと現在の推しが一緒に出るとな?」「チェッカーズ世代の私にとり 今現在大好きなジャニーズWESTとの共演はヤバすぎ」など、両方のファンだというネット民も少なくなかった。また、「私の母が藤井フミヤさんの大ファンでして…その影響で私も好きで…親子揃って見たいと思います」など、チェッカーズや藤井兄弟が、世代を超えて愛され続けていることもうかがえた。

 ジャニーズWESTのファンからは、「歌唱力の高さがまた世間にバレちゃうね」「幅広い層にWESTの良さが伝わるといいな」など、今回の共演で年上の世代にグループの認知が広がることを期待するつぶやきが複数見受けられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ