朝ドラおちょやん、天海祐希、写真のみでオールアップ?SNS「超絶無駄遣いw」「完璧なソーシャルディスタンス」

 NHK連続テレビ小説「おちょやん」の第105話が30日、放送され、女優・天海祐希の“演技”がSNSで大きな話題になった。

 喜劇俳優で劇作家でもある2代目渋谷天外さんの元妻で、松竹新喜劇の女優だった浪花千栄子さんの半生をモデルに、大正から戦後の激動の時代に女優の道をいちずに歩んだ女性の姿をフィクションとして描く同作。主人公の竹井千代役を女優・杉咲花が演じる。

 この日の放送は第21週「竹井千代と申します」の最終日で、ついに千代が前言撤回し、女優としてNHK大阪放送局のラジオドラマ「お父さんはお人好し」にお母さん役として出演することを決意した。

 もともとこの役は、有名女優、箕輪悦子(天海)がやる予定だったが、お父さん役を演じる漫才師の花車当郎(塚地武雅)が、千代に相手役をやってほしいと強力プッシュ。脚本を書いた長澤誠(生瀬勝久)は当初は“箕輪派”だったが、道頓堀での千代の評判を聞くうちに千代の存在が気になり始め、千代に直接会い、出演してほしいと訴えた。

 天海演じる箕輪は劇中に登場せず、彼女の出番はポスターでの写真のみ。同局のスタッフたちは箕輪の起用で仕事を続けていたが、千代の復帰決意を受け、土壇場で箕輪の“降板”が決定した。このなかで天海が驚いた表情を浮かべるワンショット写真が放送され、結局、「動く天海」の出番はなかった。

 この“扱い”にSNSが大盛り上がり。「とうとう写真だけで終わっちゃった?笑」「天海祐希さん、また写真で登場。贅沢だ」「天海祐希さん、いい役(扱い)を引き受けてくれたww」「そしてゆりサン(天海祐希)の超絶無駄遣いめっちゃ笑った。いやあの使われ方に間違いなくノリノリやったはず!」などのツイートが殺到した。

 今週も涙なしでは見られなかった「おちょやん」。そんななかで見られた天海の“演技”に「号泣しっぱなしだったけど、唯一天海祐希さんで吹き出した大爆笑いいわぁ、天海さん」「天海祐希さん 今日の話でオールアップ “ポスターの肖像”という、完璧なソーシャルディスタンスを保ってのご出演でした!」と喜ぶ朝ドラファンもいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ