金ローで80年代の名作「スタンド・バイ・ミー」「グーニーズ」放送 ネット民「最高かよっ!」「永遠のリバー・フェニックス」「コリーフェルドマン特集?」

 日本テレビ系「金曜ロードショー」(毎週金曜・後9時)の視聴者リクエスト企画「金曜リクエストロードショー」として、1986年公開の映画「スタンド・バイ・ミー」(ロブ・ライナー監督)が5月28日、85年公開の「グーニーズ」(リチャード・ドナー監督)が6月11日に放送されることが7日、番組の公式サイトで発表され、ツイッタートレンドを賑わせている。

 同番組の公式HPで「今あなたが金曜ロードショーで見たい、そして多くの人に見てもらいたい映画」を募集したところ、どちらも少年たちのドキドキワクワクする冒険を描いた名作に対して「子供と一緒に見たい」「見たことがない世代にも見て欲しい」という多くの声が届いたという。

 スティーヴン・キング原作の「スタンド・バイ・ミー」は、1959年のオレゴンの小さな町を舞台に、文学少年ゴーディをはじめとする12歳の仲良し4人組のひと夏の冒険を描いた作品。23歳の若さで亡くなったリバー・フェニックスらが出演しており、哀愁漂う作風にマッチしたベン・E・キングによる同名の主題歌は、この映画をきっかけにリバイバルヒットした。

 スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めた「グーニーズ」は、固い絆で結ばれた少年少女たちが、強欲な宅地開発業者から自分たちの家を守るため、伝説の海賊が残した財宝を探しに出る大冒険物語。ミステリアスな宝の地図を発見した彼らは、気がつけば凶悪な逃亡犯フラテリ一家に追われながら、曲がりくねったトンネルや罠だらけの地底空間で大冒険を繰り広げる。主題歌はシンディ・ローパーが担当しており、86年にはファミリーコンピュータ用のゲームも発売された。

 このニュースを受け「スタンド・バイ・ミー」と「グーニーズ」がツイッタートレンド入り。ネット上には「最高かよっ!」「何度でも観たい作品」「この二作品、めちゃめちゃ嬉しいです!!」「どっちもリクエストした気がする!嬉しい」「未だ観た事も無かった興味抱いた作品やったんで、普通に嬉しいです」などと、喜びの声がたくさん届いている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ