岡田准一主演映画「燃えよ剣」公開日決定 ひらパー“便乗”ポスターにも期待 原作ファンは「2時間じゃ収まらん」と懸念

 俳優・岡田准一主演映画「燃えよ剣」の延期されていた公開日が10日、公式サイトで発表され、公開を待ち望んでいたネット民が歓喜に沸いている。

 劇場公開日は10月15日。公式サイトでは、新しい予告映像も公開された。

 同作は、歴史小説の大家・司馬遼太郎が土方歳三を主人公に新選組の志士たちの知られざる人生と動乱の幕末期を描いた代表作「燃えよ剣」を原作に、「日本のいちばん長い日」「関ヶ原」など、歴史劇を得意とする原田眞人監督が映画化した作品。土方を岡田が演じるほか、新選組局長の近藤勇に鈴木亮平、沖田総司に山田涼介、土方と対立する初代筆頭局長・芹沢鴨に伊藤英明、ヒロインのお雪に柴咲コウなど、主演級を揃えた豪華キャストも見どころの一つだ。2020年5月に公開が予定されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期されていた。

 1年以上延期された公開日がようやく決まり、ツイッターでは「公開日決定おめでとうございます!! ずっと待ってました」「楽しみで楽しみでワクワクしてます!」など、待ちわびたネット民が喜びの声をあげている。

 「私の今のところの一番は(NHK大河ドラマ版)『新選組!』の山本耕史さんの土方ですが、岡田さんがどんな土方を演じるのか楽しみです」との反響があるように、同作は映画、テレビドラマ、舞台で何度も題材として取り上げられており、さまざまな俳優が土方を演じてきた。観客、視聴者それぞれに思い入れのある土方像が存在することから、岡田版の土方がどう描かれるかに、同作ファンの注目が集まっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ