映画版「99.9」に杉咲花出演 「おちょやん」で見せた演技力に期待集まる 松本潤との「花男」つながりに胸熱コメントも

 女優、杉咲花が今冬公開の映画「99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE」にヒロイン役で出演し、弁護士役に初挑戦すると11日、サンケイスポーツなどが報じた。ツイッターやネットニュースのコメント欄には、杉咲やドラマ版のファンから「なっとくのヒロイン」「いいキャスティング」など、歓迎の声があがっている。

 2016、18年にTBS系で放送された同名連ドラの初映画化で、99.9%の確率で有罪になるといわれる刑事事件に、主演の松本潤扮する型破りな刑事専門弁護士・深山大翔(みやま・ひろと)らが挑む物語。杉咲が演じるのは司法修習を終えたばかりの超真面目な新米弁護士・河野穂乃果で、深山と対立しながらも0.1%の真実を求めて奮闘する。

 「新ヒロインの発表、待ってました~」との反応があるように、2月17日に公式ツイッターが新ヒロイン登場をシルエットで予告しており、リプ欄にはキャスティングについてさまざまな予想が飛び交っていた。「やっぱりヒロイン 杉咲花さんだったんですね」「予想当たりました!」など、杉咲と予想していたユーザーが多く、「もう嬉しくて。大好きな女優さん」「映画館で大好きな松本潤さんと花ちゃんの絡みを見れるなんて、凄く贅沢」「なっとくのヒロイン」「これはいいキャスティング」など、杉咲の参加は好意的に受け止められているようだ。

 今週最終回を迎えるNHKの連続テレビ小説「おちょやん」のヒロイン役で見せた高い演技力から、「杉咲花が出るなら必ず観る! おちょやんでの圧倒的な演技力は凄すぎた」「おちょやんで落ち着いた演技をみせて株を上げたけどまだ若くて色んな演技が出来るカメレオン女優になりつつあるから楽しみ」など、早くも並々ならぬ期待が寄せられている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ