“中島ハルコは林真理子の実物だろう”とネットで書かれショック(笑) 直木賞作家がロケ先訪問で数々のエピ披露

 大地真央主演のオトナの土ドラ「最高のオバハン 中島ハルコ」(土曜後11・40、東海テレビ・フジテレビ系)の原作者で直木賞作家の林真理子さんがロケ先を訪問した様子がこのほど紹介された。

 名古屋出身の毒舌スーパーレディ・ハルコ(大地)が、庶民のダメンズ女子・菊池いづみ(松本まりか)を“舎弟”のように扱いながら世の中の不正や悩みを忖度なしで斬っていく痛快ストーリー。原作の小説シリーズは、漫画家・東村アキコさんから熱烈なラブコールを受けコミック化もされるなど人気作品である。

 林さんが訪れたのは「幸田サーキットyrp桐山」(愛知県幸田町)。第2話で登場したレースシーンの撮影終了後、キャストとあいさつを交わし、レーシングカーの前で記念撮影を行った。

 その後、和食屋さんへ移動して3話のシーンを見学。真魚、田山涼成と合流したが、大地について「フェイスガード越しでもすごい目力。顔芸などいっぱい工夫して演じてくださり、ますますドラマが楽しみ」と林さん。大地とは過去に2度ほど対談。舞台も宝塚時代をはじめ、「ローマの休日」や「マイ・フェア・レディ」など何度も見ており、いわば「長年のファン」という。

 「ご主人といらっしゃる食事会でもお目にかかったことがあり、とってもお似合いのカップルですよね。その時、大地さんのあまりの美しさに『何を召し上がっているんですか?』と聞いたら『イスラエルのハチミツ』と言われて後日、それを送ってくださった。しかも手書きのメッセージまで添えて…あんなスターさんなのに気遣いがすごい。それに話題のCMも面白い。大女優さんだからこそのおかしさと何とも言えないかわいらしさ。コメディエンヌの才能もあるし何をやってもきれい」

 そんなエピソードを披露。松本が演じるいづみについても裏話があった。

 「実は私がいづみ。私はいつも人の後始末や嫌な思いをさせられている“いづみ役”なのに、ネットを見ていたら“中島ハルコは林真理子の実物だろう”と書かれていて“世間にそう思われているんだ”とすごいショックでしたね。今回のいづみさんはかわいすぎるし、ハルコさんは美人すぎるかな。私や編集部がイメージしていたハルコさんはあんなゴージャスでエレガントな美女じゃなくて、もっと“おばちゃん”って感じでしたので(笑)」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ