向井理と国仲涼子夫妻 束の間の休日に公園で見せた「父と母の顔」

 4月20日に放送がスタートしたドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系)に出演中の向井理(39)と妻で女優の国仲涼子(41)が、東京都内の公園で子供たちと一家団欒する姿が目撃された。

 向井が出演する『着飾る恋~』は、インテリアメーカーの広報で、インスタグラムのフォロワー数約10万人を誇るインフルエンサーとしての顔も持つ26歳のOL・真柴くるみ(川口春奈・26)がひょんなことから年齢や価値観もバラバラの5人とルームシェアをすることになり、背伸びをしていた生活を見直し“自分らしさ”を見つけていく--というストーリー。

 ここで向井が演じるのは、川口が勤めるインテリアメーカーの社長で、彼女からひそかに思いを寄せられる役どころだ。

 「飄々としているが、サラリと仕事ができ、川口の仕事ぶりも優しく見つめる社長を演じています。現実にこのような完璧な社長が存在するのかと思えるような役どころですが、向井さんが演じるとリアリティを持つところに彼の演技の魅力があります」(キー局ドラマ関係者)

 向井といえば、2010年放送のNHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』でヒロインの夫役で出演して大ブレーク。その後もドラマ『S -最後の警官-』(2014年、TBS系)や、『神の舌を持つ男』(2016年、TBS系)などで主演してきたが、最近では脇役としても光る演技を見せている。

 その演技への向き合い方の変化には、妻の国仲との結婚が影響しているという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ