朝ドラおちょやん、花車当郎・塚地が杉咲花の素顔“暴露”「少年マンガの主人公みたい」

 14日に最終回を迎えるNHK連続テレビ小説「おちょやん」にレギュラー出演しているお笑いコンビ、ドランクドラゴンの塚地武雅が12日、自身のツイッターを更新。主人公の竹井千代役を演じる女優の杉咲花のキュートな素顔を紹介した。

 喜劇俳優で劇作家でもある2代目渋谷天外さんの元妻で、松竹新喜劇の女優だった浪花千栄子さんの半生をモデルに、大正から戦後の激動の時代に女優の道をいちずに歩んだ女性の姿をフィクションとして描く「おちょやん」。塚地は、NHK大阪放送局のラジオドラマ「お父さんはお人好し」で千代と共演する人気漫才師、花車当郎役でドラマに出演している。夫だった天海一平(成田凌)の浮気が発覚し、大阪・道頓堀から姿を消した千代が女優復帰をするキッカケを作ったのが当郎で、ラジオドラマでは千代と夫婦役を演じている。

 塚地はこの日、ツイッターで「おちょやん、杉咲花ちゃん」と切り出し、「朝から撮影が続き昼休憩前、『はぁ~お父さん、ウチお腹減って力はいらしません…。』とテーブルに頭乗せて突っ伏してる。こんな少年マンガの主人公みたいな分かりやすい人初めてみました」と投稿。最後に「昼ご飯後『よしっ!やりまひょ!』頼もしい」とつづり、収録の裏側で見せた杉咲の素顔を紹介した。

 当該ツイートには「なんて、かいらしいエピソードなんでしょ」「塚っちゃんのおかげでドラマがぱっと明るくなりました。どうもありがとうございました!」「あと2日っ!!あたろうさんはまだ出てきますか!?待っています」という返信が寄せられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ