朝ドラおちょやん、焼きもち全開の当郎さんに視聴者「オアシス」「直どんよりイケメン」「結婚したい」

 14日に最終回を迎えるNHK連続テレビ小説「おちょやん」で、お笑いコンビ、ドランクドラゴン・塚地武雅演じる漫才師、花車当郎が多くの朝ドラファンやネットユーザーたちを癒している。クライマックスを目前にした13日の放送でも塚地の演技が話題となり、ツイッターでは「当郎さん」がトレンド入り。SNSに絶賛のコメントが相次いだ。

 喜劇俳優で劇作家でもある2代目渋谷天外さんの元妻で、松竹新喜劇の女優だった浪花千栄子さんの半生をモデルに、大正から戦後の激動の時代に女優の道をいちずに歩んだ女性の姿をフィクションとして描く「おちょやん」。主人公の竹井千代役を女優の杉咲花が演じている。

 塚地は、NHK大阪放送局のラジオドラマ「お父さんはお人好し」で千代と共演する人気漫才師、花車当郎役でドラマに出演。夫だった天海一平(成田凌)の浮気が発覚し、大阪・道頓堀から姿を消した千代が女優復帰をするキッカケを作ったのが当郎で、ラジオドラマでは千代と夫婦役を演じている。

 13日放送された第114話では、千代が1日限定で、かつて所属していた道頓堀の「鶴亀新喜劇」の舞台に立つことが決まり、「お家はんと直どん」の稽古に参加した。同局でラジオドラマの本読みが終わり、千代が稽古場に向かおうとすると、当郎は「やめた方がええんとちゃうかな!?」と真顔で切り出し、「お母ちゃんはボクの女房やで!直どんか天丼か知らんけど、そんなやつのところ、行ったらアカン!」と訴えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ