朝ドラ「おかえりモネ」出演の内野聖陽がコロナ感染も放送に影響なし ファン「回復に向かってるようでよかった」

 芸能事務所、スターダストプロモーションが13日、所属する俳優の内野聖陽が新型コロナウイルスに感染していたと発表し、ネットにも衝撃が走った。

 同事務所のHPによると、内野は6日に発熱の症状が見られたため、PCR検査を実施。陽性であることが確認された。現在は平熱に戻り、保健所の指示のもと、自宅療養をしているという。

 内野といえば、17日から放送が始まるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」に、主人公・永浦百音(清原果耶)の父親、耕治役で出演するが、HPによると、同作における内野の直近の撮影はなく、今後の撮影スケジュールや放送に影響はないとしている。ツイッターには「内野さん心配…ゆっくり休めるといいな…」「大丈夫かな…早くよくなりますように」などと内野の体を心配する声に交じり、「内野聖陽さん心配やね…朝ドラへの影響は無いらしいけど」「おやっさん、大丈夫?」「お大事にしていただきたい 朝ドラの現場には影響なしとのことで ホッ」といったコメントも届いた。

 所属事務所は「当社におきましては所属者並びに社員、関係者の皆様への感染防止を最優先に、引き続き感染対策を徹底してまいります」としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ