プレステ2・ゲームキューブもレトロゲームの仲間入り 発売から20年にネット驚愕「そんな馬鹿な…」「まだやってるんですけど」

 14日、ツイッターでは「プレステ2」「ゲームキューブ」といったワードがトレンドに入った。お笑いコンビ、よゐこの有野晋哉が懐かしのゲームに挑戦するCSフジテレビONEで放送中のゲームバラエティー番組「ゲームセンターCX」で、今後、これらのソフトも取り上げていくと発表したことが要因と見られる。ツイッターでは時の流れに驚く書き込みが相次ぎ、思い出話なども語られた。

 2003年にスタートした同番組では、有野が伝説のゲームをプレー。懐かしいプレー画面や有野が奮闘する姿が好評で、DVDシリーズは第17弾まで発売されている。

 同番組では「ハード発売から20年経過」したゲーム機をレトロゲームと定義しており、プレイステーション2、ゲームキューブ、ゲームボーイアドバンスのソフトを解禁する。有野もツイッターで「PS2 GQ GBアドバンス レトロゲームのカテゴリーにいらっしゃい」とつぶやいた。なお、プレイステーション2が発売されたのは00年3月4日ですでに21年が経過。ゲームキューブは01年9月14日、ゲームボーイアドバンスは同3月21日に発売され、今年が20年の節目の年となる。

 これらのハードが発売から20年になることに多くのネットユーザーが驚き、ツイッターには「プレステ2ってもうレトロゲーム機の括りなのか…」「ゲームキューブがレトロゲーの仲間入りを果たしてしまった」「プレステ2とゲームキューブとアドバンスが20年前のハード?ははは、そんな馬鹿な……あっ、ホントだ……」などの書き込みが殺到。一方で「冷静に考えるとCX開始時はファミコン発売20周年で、プレステ2は発売から21年になるのでぐうの音も出ないほどにレトロゲーだった」「GCCX、見始めた頃はファミコンがメインでメガドラ(メガドライブ)ですら少し近代的だと思ってたのに気づけばゲームキューブか…時の流れを感じるな…」などと、しみじみと実感するユーザーもいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ