朝ドラおちょやん、最終回号泣シーンの収録秘話を当郎役の塚地がツイート 視聴者「それは泣く」「ステキなお父さんありがとう」

 お笑いコンビ、ドランクドラゴンの塚地武雅が14日、自身のツイッターを更新。この日、最終回が放送されたNHK連続テレビ小説「おちょやん」の収録裏話を披露した。

 喜劇俳優で劇作家でもある2代目渋谷天外さんの元妻で、松竹新喜劇の女優だった浪花千栄子さんの半生をモデルに、大正から戦後の激動の時代に女優の道をいちずに歩んだ女性の姿をフィクションとして描いてきた「おちょやん」。主人公の竹井千代役を女優・杉咲花が演じた。

 塚地は、NHK大阪放送局のラジオドラマ「お父さんはお人好し」で千代と共演する人気漫才師、花車当郎役でドラマに出演。戦争から千代の離婚と、暗いテーマを描いたあとの終盤から当郎は本編に本格登場したが、彼の登場によって、物語に明るい光が差し込んだ。その存在感はSNSで「終盤のMVP」などと称された。

 最終回は、千代が、鶴亀の社員、熊田(西川忠志)の要望を受けて大阪・道頓堀の舞台に立ち、元夫の天海一平(成田凌)ら「鶴亀新喜劇」の面々と渾身の喜劇を披露。その芝居を当郎も見守り、客席から千代に熱い声援を送った。

 放送後、塚地は自身のツイッターで「おちょやん 観劇の最後のシーン」と切り出し、「撮影の都合で我々のとこは舞台とは別撮りでした」と投稿。そして、その後の展開について「お母ちゃんの代役にADの子が目線として立ち5秒前と言ってそのまま4.3と舞台をはけました。目線やのに動くん?と思ったら2.1で休みのはずの杉咲花ちゃんが出てきました!」とつづり、「驚いて自然と泣きました」と結んだ。実際の放送でも、舞台に拍手を送りながら、涙を流す当郎の姿があった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ