朝ドラ「おかえりモネ」スタート!豪華なキャストに「主演クラスのオンパレード」「朝からBUMP聞ける幸せ」の声

 NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の放送が17日から始まり、第1話の内容がこの日の朝、SNSの話題を席巻した。ツイッターでは「おかえりモネ」がトレンドの1位になったほか、主題歌を担当する「BUMP OF CHICKEN」や、出演する「清原果耶ちゃん」「西島(秀俊)さん」「夏木マリさん」「内野聖陽」などのワードもトレンド入り。視聴者からの感想がSNSに殺到した。

 宮城県気仙沼市などを舞台に、女優の清原果耶演じるヒロインの永浦百音(ながうら・ももね)が気象予報士として成長していく姿を描く「おかえりモネ」。この日から第1週「天気予報って未来がわかる?」(第1~5話)の放送が始まった。

 視聴者が注目したのは、キャストの豪華さだ。主演の清原が出てくる前に内野聖陽、浅野忠信、竹下景子、鈴木京香が登場。清原のファーストカットは開始から2分過ぎ。そこからの主題歌「なないろ」(バンプ)という流れだ。ツイッターには「役者がめちゃくちゃ豪華ですね」「脇が豪華すぎる」「こんなに豪華キャストが集うお芝居を朝から15分観させてもらえるのは気合いが入りますね」「初回から主演クラスの役者オンパレードで胸やけしそうw」などの声。主題歌も好評で、「なないろ、キラキラで朝にぴったり」「朝にあうすごくさわやかな曲」「朝に合うメロディーだなと思った。一瞬で『あっ、好き』ってなった」というコメントや、「朝からBUMPが聞けるなんて幸せ」「ずいぶん朝の連続テレビ小説見てきたけど、オープニングから胸があつくなって涙流れたのは初めて。最高な1話目でした」などの感想が寄せれた。

 清原へのコメントも多く、SNSには「朝ドラにピッタリよねぇ」「清原果耶ちゃんの爽やかさが映えるな~」「透明感すごかったなぁ」「王道朝ドラの始まりって感じで安心してワクワクした」などの声。また、今作は主人公の子供時代の描写がなく、初回からヒロインが登場する展開になっており、「子供時代が無いのも新鮮」「子供時代を設けずに話がスタートする方が個人的には好きですね」「現代設定だし朝ドラ特有の幼少期子役時代がないから朝ドラに免疫ない人も見やすいんじゃないかなぁ」といった書き込みも見受けられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ