田村正和さん訃報から一夜明け「古畑任三郎」トレンド入り 「SMAPも古畑のピース」と絶賛 初共演だった八嶋智人も追悼

 18日夜に、各メディアで速報が流れ、日本中を驚かせた俳優・田村正和さんの訃報。その衝撃は大きく、一夜明けた19日朝にもツイッタートレンド上位に、代表作のテレビドラマ「古畑任三郎」がランクインするなど追悼の声が広がっている。

 テレビドラマ「古畑任三郎」「眠狂四郎」など、正統派の二枚目からコミカルな役まで幅広い演技で親しまれた俳優の田村さんが、4月3日午後4時20分、心不全のため東京都港区の病院で死去したことが18日分かった。77歳だった。

 往年の映画スター阪東妻三郎の三男。兄の田村高広さん(故人)、弟の田村亮さんも俳優という芸能一家に育ち、1961年に映画「永遠の人」で本格デビュー。松竹から独立しフリーとなってからはテレビを中心に活躍。時代劇「眠狂四郎」「鳴門秘帖」などクールなヒーローを得意としたが、80年代以降はドラマ「うちの子にかぎって…」「パパはニュースキャスター」などのコミカルな役にも挑戦し、演技の幅を広げて親しまれた。

 ツイッターには、その死を悼むファンの声が相次いで寄せられている。「『二枚目』『ニヒル』『プレーボーイ』現代ではあまり聞かなくなった単語ですね。まさに昭和の大スターでした」など、田村さんを形容するキーワードを並べ往年の活躍を懐かしむ書き込みや、「ひと月以上前のことだったんですね」と、亡くなってから時間が経っていたことに驚く反応も見られた。

 好きな出演作を振り返るユーザーも多く、「パパはニュースキャスターが好きやった」「広末涼子と共演の『オヤジぃ。』も観てたなぁ」「常盤貴子さんとの『美しい人』が心に残ってます。そして、彼も美しい人」など、思い入れのあるタイトルが挙げられている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ