窪田正孝主演「ラジエーションハウス」続編放送決定 前作ファンや作画のモリタイシさん、出演する広瀬アリスも歓喜ツイート

 俳優、窪田正孝主演で2019年4月期に放送されたフジテレビ系「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(月曜後9・0)の続編が、10月にスタートすると19日、発表された。同日午前のネットトレンド上位に「ラジエーションハウス」がランクインして、前作ファンから歓迎の声が多数寄せられた。

 前作は、集英社「グランドジャンプ」に連載中の横幕智裕さん原作、モリタイシさん作画による漫画「ラジエーションハウス」を原作に、X線撮影で病変を写し出す放射線技師の活躍を描いた人気作。続編となる「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」では前作の2年後を描く。主人公の五十嵐唯織を演じる窪田のほか、本田翼、広瀬アリス、浜野謙太、丸山智己、矢野聖人、山口紗弥加、遠藤憲一、鈴木伸之、浅野和之、和久井映見ら主要キャストの続投も決定している。

 2019年4月期の前作最終話では、唯織が人工知能を使った読影補助ソフトの開発プロジェクト参加のため、渡米と仲間たちとの別れを決意。全11話の平均世帯視聴率は12.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、続編を望む声がドラマ公式サイトやSNSに多く寄せられていた。

 続編放送決定の知らせに、ツイッターでは「放送決定おめでとうございます」「ようやく続きが見れるんですね!」「早く10月になってほしい」「スペシャルか!?って思ってたらまさかの連ドラで帰ってきてくれて嬉しい」など、前作ファンの歓迎と祝福の声が殺到。19日午前のヤフーリアルタイム検索トレンドやツイッタートレンドの上位に、「ラジエーションハウス」がランクインして盛り上がった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ