A.B.C-Zの橋本良亮「痴情の接吻」で初主演 ラブシーン「直視できる?」「メンタル強化せねば」と“警戒”するファン多し

 男性アイドルグループ、A.B.C-Zの橋本良亮が7月3日(関東地区、関西地区は4日)スタートのABCテレビ・テレビ朝日系「痴情の接吻」(関東=土曜深夜2・30、関西=日曜午後11・25)でドラマ単独初主演すると、24日サンケイスポーツなどが報じた。

 女性向け漫画雑誌「プチコミック」に連載中の如月ひいろさんによる同名漫画が原作。恋愛より読書が生きがいの図書館司書のヒロインと、高校時代から彼女を“偏愛”し、異常な執着で口説きにかかるハイスペック男の主人公が“キス”から始める同居ラブストーリーだ。

 橋本が演じる上条忍は、ヒロインの柏木和華にとって、学生時代に谷崎潤一郎の名作「痴人の愛」を読んでいたときに突然キスしてきた因縁の相手。10年ぶりに和華の前に現れ、いきなり「好きだ!」と告白し、同居に持ち込んだ彼女に一途に“愛を餌付け”する恋模様を描く。ヒロインのキャスティングは後日発表される。

 橋本は番組公式サイトに寄せたコメントで、「単独主演も、オトナのラブストーリーも初めてなので、聞いたときは『ついにきた…』とプレッシャーを感じながらも、とにかくうれしい気持ちでいっぱいでした」と主演抜擢の喜びを明かす。役作りについて、「上条は僕と全く正反対な性格なので、どう演じるか、すごく葛藤しています。上条ファンにも納得していただけるように攻めてみます」と意気込んでいる。

 ツイッターでは、橋本のファンが「おめでとう ついに来たね」「橋ちゃんたくさんお仕事嬉しいね! 本当に本当に体に気をつけて!」など、初主演決定の知らせに沸き、同日朝のヤフーリアルタイム検索トレンドで「痴情の接吻」が1位に躍り出た。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ