高橋海人、永瀬廉、岸優太…ドラマで見せる存在感が話題、止まらないキンプリメンバーの活躍

 ジャニーズ事務所の人気アイドルグループ「King & Prince」メンバーの活躍が止まらない。歌やバラエティー番組への出演など、メディアへの露出が目立つ彼らだが、最近、特に、際立っているのが、ドラマ内で見せるメンバーの存在感だ。現在放送中の連続ドラマにも2人が重要なレギュラーキャストとして名を連ね、6月から始まるフジテレビの「月9」にも別のメンバーの出演が決定。それぞれの違った魅力で、多くのファンを虜にしている。

 現在放送中の人気ドラマ「日曜劇場 ドラゴン桜」(TBS系)で見せる演技が話題なのは、メンバーの1人、高橋海人だ。

 「週刊モーニング」(講談社)で2018年から連載されていた三田紀房氏の「ドラゴン桜2」を実写化した同作は、2005年に前作が放送され、その15年後を描く続編になっている。前作では、阿部寛演じる弁護士、桜木建二が落ちこぼれの生徒たちを半年で東大に合格させ、低偏差値の高校を超進学校に生まれ変わらせようと生徒とともに奮闘する姿を描いた。続編では、桜木が前作の東大クラスの教え子、水野直美(長澤まさみ)らと学園の再建に挑む。

 そのなかで、高橋が演じているのは、再建を目指す龍海学園で発足した「東大専科」の生徒、瀬戸輝だ。番組の公式HPによると、瀬戸は偏差値28の学年最下位で、家は高校の近くにあるラーメン屋「瀬戸屋」。1人で店を切り盛りする姉をよく手伝う姉思いの心優しい性格だが、将来の夢や希望を持てずにいた。そんな彼の前に桜木が現れ、第4話(16日放送)の最後で、東大専科に参加することを決意。白熱の演技を見せると、放送後、ツイッターで「瀬戸くん」がトレンドに入り、彼の演技に多くの視聴者が涙。ツイッターに「海ちゃんの演技力が凄すぎて泣ける」「海ちゃん演技よかったよ!!!胸熱くなった!!!」「海ちゃんの泣き演技、本当良かったなぁ…惹き込まれた…瀬戸くんの苦悩や葛藤がビシバシ伝わってきて感動号泣」といったコメントが殺到したほか、感情移入しすぎて「瀬戸くん東大頑張るから、私も大学受験頑張るよ!!」「私もちゃんと勉強頑張ろうと思います」とつぶやくネットユーザーまで確認できた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ