「横浜なめんな」トレンド入りでベイ党沸く? 真相知り「全然違ったw」

 11日、ツイッターで「横浜なめんな」なるワードがトレンドに入り、SNSが騒然となる一幕があった。

 なんともキャッチーなこのワードに、ツイッターには「(プロ野球・横浜DeNA)ベイスターズの新スローガン?」「ベイスターズ案件?」など、プロ野球ファンからのコメントが殺到。しかし、この言葉は、野球とは一切関係なく、11日放送の「モーニングショー」(テレビ朝日)で取り上げられた、あおり運転で発せられたワードだった。番組によると、横浜市内を走行していた都内ナンバーの車が後方からあおり運転を受け、後方車の女性から「横浜をなめんじゃねえ!」などと暴言を吐かれたのだという。

 この日、DeNAを自由契約となり、現役を引退した石川雄洋さんがアメリカンフットボールに転向するというニュースが報じられ、ヤフートピックスに入るなど、大きな話題となった。またプロ野球では、DeNAが最下位(10日時点)に低迷していることから、これらに絡んだワードと勘違いしたネットユーザーが続出。さらにこのワードがツイッターのトレンドで「日本プロ野球」というカテゴリーに入れられたことで、この騒ぎに拍車がかかった。

 SNSには「なになにベイスターズ関連?と思って見てみたら全然違ったww」「『横浜なめんな』ってトレンドワードが載ってて、いやいやベイスターズは外国人戦力揃ってきて佐野とか牧とかプーさんとか打線怖過ぎてちびるし、エスコも石田も三嶋も簡単に打てないよ??と思ったら全然そんなんじゃなかったww」「トレンドの『横浜なめんな』を、揃ってまだまだこれからよと期待し鼓舞するトレンドだと思って覗いているベイスターズファンが愛しくてしょうがない」「トレンドに『横浜なめんな』と『アメフト転向・タケヒロ』があって覗いたら全然関係なくてシウマイ生える」などのコメントがズラリ。なかには「横浜なめんな、がスポーツトレンドに分類されるwこれからは(DeNAが勝った際のツイートは)横浜優勝、横浜なめんなでいくか」と悪ノリする人もいた。

 一方、このワードの本当の意味を知るネットユーザーは「横浜に愛着があるのはわかるが、他の横浜市民にとっては迷惑だね」などと呆れ顔。地元民と思われるユーザーからも「『横浜なめんな』って『お前ドコ中だよ!?』みたいで聞いてて恥ずかしい」「同じ横浜市民として恥ずかしい」「『横浜なめんな』はダサいからやめて…」などのつぶやきが寄せられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ